So-net無料ブログ作成

備前・旭川の憂鬱 (「物言わぬは腹ふくるるわざなり」 19-88) [日記・雑感]


最近の韓国、何が何だか判りません。そのなかでも〝福島〟の現状を百も承知で、福島を狙い撃ちしていることはさすがに許せません。

さらに名目とは言え〝平和の祭典〟のオリンピックも日本への嫌がらせに使うとは、もはや〝正気の沙汰〟ではありません。このような日本叩きの要因には、日本国内の〝親韓半島派〟〝反原発派〟〝人権派〟の方々の日常の運動が、功を奏していることも否めません。


Tokyo Olimpic.jpg
Twitterよりピックアップしました。


過去何度も浅知恵ではありますが〝福島への云われなき風評〟に対して、いくらかでも風評被害を軽減できればと思い uploadして来ました。過去数年の経緯をまとめまと以下のようになります。

❖ 福島を中心とする放射能問題に関して、普段の生活で関心を持っていなかった。がしかし、
 メルトダウン当時、福島県の放射線量が高かったという記憶だけは鮮明に残っている。
 それゆえ、未だにスーパーで茨城県産という文字を見ると買い控えてきた。よくわからない
 けど、疑わしきは罰しておこうという安直な考えです。

❖ 数字や難しそうな放射線の科学で説明されても、専門用語が並んでていかにも真っ当そうな
 意見 ではあるのですが、大多数の素人からすると、どれが正しいのか判断がつかない。TVの
 情報番組なんかを見ながら、適当に安直な感覚に従っている。

❖ どうしても〝原発〟と〝原爆〟が同じに感じて、広島・長崎を連想する。天然の放射線は健康に
 いいが、人口の放射線は体に悪い、と考えてしまう。

❖ 政府やメディアは、事故後8年経過した現在、福島産農水産物に対して放射線検査装置で検査して
 も〝放射線は検出されていない〟と公表しています。しかし、サプライチェーン関係者に対する
 意識改革をしない以上、福島産が市場に出まわることはありません。総理自ら福島の現地で水揚
 げされた魚介類を美味しいと言って食しても、流通を改善しなければ一般の国民の食卓には届き
 ません。


この問題を長期化させている原因は、またまた朝日新聞です。その原点は事故発生直後の報道です。

後日判明しましたが、参議院議員の青山繁晴氏、作家の門田隆将氏によると、福島原発の朝日新聞の報道で〝吉田所長(事故発生当時、残念なことにお亡くなりになりました)命令に違反して福島第一原発の社員の9割が逃げた〟とする、世紀の大誤報です。いわゆる「吉田調書」を書いた張本人は朝日新聞の鮫島浩氏(あえて実名をあげます)でした。

こんな報道が流布すれば、だれも東京電力を信頼しません。それが現在まで尾を引いています。トリチウム水の排出が実現しないのも、漁民の方々が東京電力を信用していないことに起因しています。漁民の方々は東京電力と流通業者の2つの敵と戦っています。


さらに〝反原発派〟によるネガティブ・キャンペーン、日本国内の福島と放射線に対する〝無知と無関心〟政府の原発対応の優柔不断、東京電力(といっても現在は国有企業)の技術的不手際も手伝って、未だに混乱しています。

韓国はこの隙間を悪用し、青森、岩手、宮城、福島を含む8県産の水産物輸入禁止措置を世界貿易機関:WTOに提訴し、WTOの最終判断は、漁業者の想定を覆す逆転敗訴となりました。今年の2019/04のことです。



では韓国やその他世界の国々の原発からは、韓国の主張する〝汚染水〟は排出されていないのでしょうか?しっかり排出しています。確証はありませんが、管理状態は怪しいものです。これは前にも投稿に使用しましたが、よくできている図ですから再度使用します。


トリチウム_世界の原発 600.jpg
赤の四角形が韓国の原発です。


現在稼働中の原発からは常時〝汚染水〟は規定以下に希釈されて排出されています。勿論、韓国の原発も同様です。

このように韓国はやることが〝汚い〟です。トリチウムに関しましては拙blog:原発から出るトリチウム水の海洋放出の「是」を問う https://ironbridge-uk.blog.so-net.ne.jp/2018-08-16 をご笑覧下さい。

何れにしましても、「助けない、教えない、関わらない」の非韓三原則を貫き、わが国の先人たちが朝鮮半島との長い長い関わりから学んだ歴史の知恵である〝最低限の淡い付き合い〟が両国関係を長期的に安定させることと知るべきです。




nice!(14)  コメント(3) 

nice! 14

コメント 3

U3

 韓国人や朝鮮族が汚いのは今に始まった事ではありません。1392年の李氏朝鮮建国時からの伝統ですから、もう627年も続いているお家芸でありDNAに連綿と引き継がれている民族性です。そしてその根本にあるのは『小中華思想』です。彼らはこれゆえに日本人に憎しみを抱き続け、どんな手段を用いても日本を叩くことが正義だという妄想を抱いているのです。
 それ故に狂信的な『カルト国家』だともいえるのです。
by U3 (2019-09-06 19:33) 

ironbridge

U3さん、コメント、ありがとうございます。
老生はお気づきとは思いますが、技術屋でした。それも大型プラント関係の仕事をしていましたので、東電の原発もなんとなく判ります。しかし8年も経過して未だに事態が収束(総理の言葉ではアンダーコントロール)しないのは何故でしょうか?大変興味があります。
成る程、狂信的な『カルト国家』ですか、そういう理解があり得ますね。
by ironbridge (2019-09-06 19:45) 

U3

 原発は現在の技術レベルではいざ暴走を始めたら大災害になるのを止めることができません。短期間で例えばの話ですが再生可能エネルギーで全電力を賄うロードマップを策定して10年後には原発ゼロ社会を作るべきです。廃炉にしても無害化するのに40年以上掛かることが分かった現在、一刻も早くそれを実現すべきです。そのためにも国策として国力の総力を傾けて取り組むべき課題だと思います。
 それと、『カルト国家』とはけして例え話や比喩ではありません。『小中華思想』というこの国の根幹を支えている一種異様な儒教の教えが、この国をおかしくさせているという現実の話です。この『小中華思想』さえ理解すれば彼らの言動のすべての理由と目的が分かります。
by U3 (2019-09-06 20:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。